ベース初心者がクラシックフォームをマスターする3つのコツ

 ベースの教則本を読んだことのある人は、
左手のフォームは「ロックフォーム」と「クラシックフォーム」の2種類がある、と書いてあったと思います。

ベースでもより歌うように、細やかなフレーズを弾きたいときに、クラシックフォームという握り方で弾くのが最適ですが、

指一本ずつで弦を押さえて弾く事がとても難しく感じると思います。
今回はそのコツを紹介したいと思います。

 

①親指をネックの上の方に出さない
薬指や小指など使いづらい指に力をかけるとき、そのちょうど裏あたりに親指を置いて挟むと、少しの力で強く押さえやすいです。親指が離れてしまっていると、うまく力が入りません。なので、できるだけそのとき押さえる指の(縦も横も)ちょうど後ろくらいになるように親指を配置しましょう!

 

②親指も他の指も、先の方で押さえる
指先の方でお互いに挟むように押さえることによって、少ない力でも大きく圧力をかけられます。親指は曲げずにつっぱり、他の指は第一関節がしならないようにアーチ状におさえます。中指の後ろくらいの位置に親指があることで、他の指が開きやすいです。

 

③薬指や小指を使うときは、無理に他の指を開かない
薬指や小指は、最初は力がとても入りづらいので、使うときは人差し指や中指を少し寄せてあげるようにして、手首の向きを少しボディ側に回転するようにすると、力をかけやすいです。

 

【まとめ】

①親指をネックの上の方に出さない

②親指も他の指も、先の方で押さえる

③薬指や小指を使うときは、無理に他の指を開かない

指の力は基礎練習で付けれますが、根性論では上達の可能性をせばめてしまいます。効率的にやる事で、より短い期間に様々なフレーズを弾けるようになり、楽しみ方が増えることと思います!
自分のフォームをよく見て、それぞれの指の開き方やつっぱり方などを研究してみましょう!

 

-------------------------------------------------------- 

 

Haruka(はるぽん)ベーシスト・ベース講師

Twitter

ベースについての質問やHaruka先生への応援コメントなどTwitterにて受け付けております。気軽にフォロー&リプして交流しちゃいましょう♪

 

 

 

甲陽音楽学院 名古屋校コンテンポラリーミュージックコースベース科卒業。

塩崎裕氏、大久保寛之氏、徳田智史氏に師事しポップス・ブラックミュージックを中心に学ぶ。

参加バンドのアルバムがタワーレコード,HMVなどのCDショップで全国リリースや映画主題歌のレコーディング参加など。リドフォニーミュージックスクール、カワイ音楽教室ベース講師。

​初心者にもわかりやすいレッスンからベーシストの役割、様々なジャンルへのアプローチのレッスンを得意とする。

--------------------------------------------------------

 

音楽の経験がなくても安心してください。

当スクールは初心者の方に丁寧にわかりやすくレッスンさせていただきます。

岐阜のベース教室をお探しの方はリドフォニーミュージックスクール

岐阜市金園町1-8

レッスンのお問い合わせはlidophonee@gmail.comまで

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

最新記事

講師募集のお知らせ (岐阜 音楽教室)

February 20, 2019

1/4
Please reload

特集記事