【ドラム】初心者ですがいろんな曲を叩けるようになるにはどのような練習をしたらいいですか?

September 29, 2016

「ドラム初心者ですがいろんな曲を叩けるようになるにはどのような練習をしたらいいですか?」という質問がありました。

 

ドラムの役割を覚えること。ビートを覚えてフィルインを入れる練習をする。

それができたらいろんな曲で試してみる。

が私の答えです。

 

まずは質問者様がどんな曲をやりたいかによりますが

→8ビート系と仮定します。

 

1.ビートを叩く

「ドッツッタッツドッツタッツ」

まずはこの基本ビートが出来るならやりたい曲に合わせて最初から最後までずっとこのビートを叩いてください。ひたすらに。テンポがずれないようにひたすらです。テンポキープはドラマーの役割の一つです。

 

最初から最後まで叩けるようになったら鏡を見て叩いたり動画を撮ってみてください。

かっこいいでしょうか?腕が縮こまっていませんか?(ここはカッコよくたたけるように生でレクチャーしたいとこですが。。。)

 

 

2.サビで右手の叩く場所を変えてみる

出来たら右手で刻んでるハイハットをサビになったらライドシンバルに変えてみてください。雰囲気を変えれますよね?叩く場所を変えて演出をすることもドラマーの役割です。

 

 

3.セクションの頭にシンバルを入れる

では今度はイントロ、Aメロ、Bメロ、サビ、間奏に入るとき最初の一発に思い切りクラッシュシンバル叩いてください

気持ちいいですよね?「Aメロだぞー!」「Bメロに入ったよ!」っていう仕切りみたいなものです。これもドラマーの仕事です。

 

ここまで出来るようになりましたか?

 

 

4.フィルインを叩く

それができたらクラッシュシンバルを叩く前に「タカタカ(スネア)、トコトコ(ハイタム)、トコトコ(ロータム)、ドゴドコ(フロアタム)」と右左右左と叩いてみてください

大きいフィルインなのでサビ前に入れるとカッコイイと思います。

 

Bメロ前はサビ前と差をつけるために「タカタカ(スネア)、トコトコ(ハイタム)」だけの小さいフィルインにしてみてください。

 

これは次のセクションに入る合図みたいなものです。「サビ入るからな〜!」みたいな。これもこれもドラマーの役割。

 

 

5.1〜4を他の曲でも試す

「あ〜ドラムってこういうことをやっているのか〜」ってなんとなく理解できると思います。

実際にフレーズが違っててもっぽく聴こえませんか?

これからいろんなビートとフィルインを覚えてください。覚えたらまた曲を通してください。そしたら自然といろんな曲が出来るようになります。

 

こういうやり方をすれば「結構これでいけるじゃん!」と思ったり「ここはなんか違うフィルインだな」っていう疑問がでてきます。疑問がでてきたらバンドスコアや叩いてみた動画などをチェックしてみましょう。

 

 

まとめ

初心者が陥りやすい点は

曲を頑張って覚えたけど少ししたらやり方忘れてしまったりいきなりバンドスコアの曲に載ってる難しいフレーズをやろうとしていつまでたっても出来ないということです。

 

ギターがコードを押さえれば、ベースがルートを弾けばなんとか曲になるように

ドラムはまずは簡単なビートとフィルインを覚えればなんとかなります。覚えたらそれを他の曲でも通せるようにしてください。覚えたビートやフィルインを何回も何回も叩き続ける、歌い込む、自分のものにしていく、カッコよくたたけるようにすることが大事です。上手い人はまだ習得していないフレーズを本番で叩いたりしませんからね。

徐々に難しいことや細かいことを覚えていくやり方がオススメです。

 

 

 

ドラムに関するご質問があればお気軽にどうぞ。

どなたからも受け付けております。

質問フォームへ

 

 

音楽の経験がなくても安心してください。

当スクールは初心者の方に丁寧にわかりやすくレッスンさせていただきます。

 

リドフォニードラムスクール

岐阜市金園町1-8

レッスンのお問い合わせはlidophonee@gmail.comまで

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

最新記事

講師募集のお知らせ (岐阜 音楽教室)

February 20, 2019

1/4
Please reload

特集記事