体験

June 2, 2017

「自信」「心」そして小学生、中学生におけるレッスンを前のブログで話してきました。

今回は「体験」と高校生について考えてみます。

 

高校生になると青春と仲間を感じやすい時期。僕はできるだけ良い体験をしてほしいなと思ってて。

高校生活は一度きりしかない時間です。

良い体験できるかできないかでこの先の人生が大きく変わるし、できれば自身の大きな財産となります。

 

例えば高校生にとっての衝撃って同級生が何も恥ずかしがらずに一生懸命取り組んでいる姿、そしてそのステージをみたときかなと思います。「自分と同い年の子がすごく頑張っている」これが友達から影響を受けるNo.1かなと思っています。高校野球の甲子園なんてまさにそうですね。心うたれますよね。大人でさえも。

 

文化祭や体育祭も最初は「えーめんどくさい」からなんだかんだ本番が近づくにつれ皆頑張って終わったあとは 「最高!」ってなる場合が多いです。

それは裸の心で触れ合う瞬間があって本番の達成感を仲間で感じ、絆ができるからです。

 

僕は部活でそれらを感じました。僕自身、吹奏楽部で部長をつとめ良い経験をしました。県一位での東海大会出場できたという結果も大きな自信ですが何より仲間を得たことが大きいです。

 

特に指導してくれてた外部講師の方が僕らを叱ったときに言ってくれてた言葉が「みんながこうやって仲間と過ごせる時間は二度とないんだよ。今頑張らなくちゃどうするの!?」です。涙ながらに訴えてました。

これが今でもはっきりと思い出せるシーンです。

そのときは「そうだな〜」みたいな感じでしたけど大人になった今すごくわかって。

 

そんな体験をさせてあげたいなと思ったのが高校生バンドレッスンに繋がります。

仲間と一つのものを作り上げて発表するという〝体験〟

彼らにとって大きな自信となって仲間となったはずです。

たぶん同級生の子は衝撃を受けたんじゃないかな。。。

 

レッスンとはやり方しだいで素晴らしい体験を起こせる。そう思います。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

最新記事

講師募集のお知らせ (岐阜 音楽教室)

February 20, 2019

1/4
Please reload

特集記事